看護師さんの求人情報ガイド

実績を上げた経営者と優秀な学者の本

"大きな書店に行けばビジネス書は大きなコーナーを設けてあり、大量の書籍が並んでいます。ビジネス書と自己啓発本
は少し違うので同じに扱うことはできませんが、自己啓発本
ばかり読む人達を「キャリアポルノ」と命名した評論家がいます。その評論家はこの類の本はいくら読んでもためにならないという考えの持ち主で、命名にもその考え方が表れています。

しかしビジネス書のなかには、有益な本があるのは間違いありません。例えば実績を上げた経営者が、自分の会社で行なった改革を具体的に紹介したビジネス本には説得力があります。例えば元コマツ社長の坂根正弘氏の書いた「限りないダントツ経営への挑戦」「言葉力が人を動かす」などは、平易な言葉でためになる内容が書かれており読む価値があります。

学者では一橋大学の野中郁次郎氏や楠木 建氏の著作は
論理的で重要なことを的確に指摘しているのが魅力です。
この両氏の著作はロングセラーであることからも、その実力が
伺えます。"

参考サイトまとめ

MENU