看護師さんの求人情報ガイド

認定看護師

日本看護協会の認定看護師認定審査に合格し、特定の看護分野で、熟練
した看護技術と知識を持っていることを認められると、認定看護師にな
ることができます。


認定看護師として認定される、特定の認定看護分野は、2008年6月現在
では以下の19分野になります。


救急看護
皮膚・排泄ケア
集中ケア
緩和医療
がん化学療法看護
がん性疼痛看護
訪問看護
感染管理
糖尿病看護
不妊症看護
新生児集中ケア
透析看護
手術看護
乳がん看護
摂食・嚥下障害看護
小児救急看護
認知症看護
脳卒中リハビリテーション看護
がん放射線療法看護


これらの認定看護師には、誰でも簡単になれるわけではなく、認定看護師
になるためには、それなりに険しい道のりが用意されています。

まず絶対条件として、日本国の保健師、助産師、看護師のうち、いずれか
の免許を持っており、実務経験が5年以上が必要になります。

また5年の実務経験のうち、3年以上は認定されたい認定看護分野の経験が
必要になります。

この条件を満たすことで、認定看護師教育課程を受講するための入学選抜
試験を受けることができるようになります。

この試験に合格すると、認定看護師教育機関で、認定介護分野毎の認定
看護師教育課程(6ヶ月、600時間以上)の履修が許可され、これを修了した
後に認定審査(筆記試験)で合格すると、認定看護師認定証が交付されて、
認定看護師となることができます。


但し認定看護師となった後も、認定看護師のレベル保持を目的とした、
更新審査を、認定後5年ごとに実施(看護実践の実績と自己研鑽の実績等)
されます。

看護師は生涯、弛まぬ努力と学習を続けていかなければならない職業だと
いうことが、このような認定看護師の制度からも垣間見ることができると
いうわけです。

参考サイトまとめ

MENU