看護師さんの求人情報ガイド

看護師の勤務形態

入院経験のある方は、昼間会った看護師さんが、翌日の深夜に看護して
くれて、一体いつ休んでいるんだろう? と疑問に思ったことがあるかも
しれません。

診察時間や曜日が決まっている診療所(クリニック)などは、看護師さん
の勤務時間もそれと前後し、規則的な勤務形態となりますが、入院設備
のある総合病院や施設では、不規則な勤務形態となることが多いです。

こうした総合病院で働く看護師さんの勤務形態には、大きく分けて次の
2形態のいずれかになる場合が殆どです。


・2交替制 … 日勤・夜勤
・3交替制 … 日勤・準夜勤・深夜勤


基本的に現在では、2交替制を取っている病院が殆どです。

3交替制の場合は、朝から出勤して日勤を行い、夕方に帰宅して休憩し、
すぐその後に深夜勤が始まることになるため、心身にかかる負担が大き
くなります。

また1日24時間を3等分にした8時間毎の勤務となるため、日夜を問わない
非常に不規則な生活となってしまいます。

ゆっくり睡眠を取る時間も取れず、休日が来るまでは、少し寝て、すぐ
起きて仕事に行き、また少し寝て、また仕事…といった具合になるため、
満足な睡眠時間をゆっくり取ることが出来ないことも少なくありません。


対して2交替制はというと、1日を8時間と16時間とに分けるイメージです。

約8時間の日勤を行った翌日、夕方から約16時間の夜勤を行います。

夜勤明けは朝の10時前後まで仕事をし、帰宅後は基本的に休日で、翌日が
休みとなる場合も少なくありません。

また夜勤中は2~3時間程度の仮眠を取ることができる場合が殆どです。

こちらの場合の夜勤は、1度に勤務する時間が長くなりますが、勤務途中
で仮眠を取ることもできますし、休日を多く感じることができるため、
心身の負担が小さいと感じている現役看護師さんが多数います。


ただでさえ仕事の内容が厳しいため、これから看護師になることを考えて
いる方は、2交替制で勤務できる職場がオススメです。

参考サイトまとめ

MENU