看護師さんの求人情報ガイド

変化する看護師の制服

女性の看護師が着用する制服のイメージは、一般的に白いワンピースと
ナースキャップを頭にかぶった姿をイメージされる方が多いと思います。

メンソレータムの蓋に描かれている、リトルナース(ナースちゃん)が、
その象徴ではないでしょうか。

しかし現代、実際に総合病院へ足を運んでみると、ワンピースの看護師
さんは殆ど見かけることがなく、パンツ姿の2ピース制服ばかり目に映る
と思います。

ワンピース姿の制服は、街の小さな診療所で時々見られることがありま
すが、ナースキャップはまず見かけなくなりました。


これはナースキャップが非常に邪魔で、また不衛生になり易いことから
廃止の方向へ進んでいるのが現状です。

ナースキャップは丈夫がお椀型になっている部分があり、ここに塵や埃
が溜まり易いため、結果的に不衛生となってしまうのです。

清潔さを意識して看護している時に、ナースキャップに溜まった塵や埃
が落ちてきてしまっては意味がありません。

またナースキャップは背が高いので、自分が意識する身長よりも高い位置
にあることから、よく物にぶつかってズレてしまいます。

人命救助の場面では、一分一秒を無駄にすることができませんが、この
ズレを直す手間は、その一分一秒を無駄にする行為に直結してしまうと
いうわけですね。

また救命救急に携わらなくとも、長い診察の待ち時間はどこの病院でも
大きな課題となっています。

例え1秒でも、塵も積もれば山となるわけで、このような点からもナース
キャップは廃止の方向へと動いています。


またパンツ姿の制服が増えている要因についてですが、看護師の仕事内容
には、非常に活動的なものも含まれています。

時にはストレッチャーで患者さんを運んだり、お風呂に入れる介助をした
りと、力を入れて踏ん張らなければならない状況も多々あります。

このような時に、スカート姿では、人目を気にして動き難いケースが多々
出てきてしまいますので、最近ではより自由に、活動的に動くことのでき
るパンツ姿の制服を選択される看護師さんが増えているというわけです。

また安全性の問題から、ナースサンダルも廃止の方向へ進んでいます。

隙間の多いサンダルでは、誤って落としてしまった使用済みの注射針など
が足に刺さってしまったり、患者の血液がストッキングを通して、皮膚に
触れてしまったりする危険から身を守れません。

様々な病気やウイルスの二次感染から、看護師自身の身を守る意味から、
サンダルを廃止し、靴を履いて仕事をする方向へシフトしています。


また最近では、白衣といっても必ず白とは限りません。薄いピンクや、
水色、ライトグリーンなどがあり、病院ごとに違いがあったり、役割で
色を分けている病院もあります。

参考サイトまとめ

登録する前に学生バイトの人材派遣会社登録おすすめ情報局を見ておいて良かったです。

MENU