看護師さんの求人情報ガイド

看護師への道

看護師になるためには、看護学校に通い、看護師免許を取得する必要が
ありますが、そのルートには大きく分けて2種類あります。


まず1つ目は看護科の高校に入学し、准看護師の免許を取得した後、2年制
の看護専門学校や短大へ進学して、看護師免許を取得するルート。

このルートの利点は、免許取得に5年を要するものの、高校生の段階から
看護師免許取得への道を歩み始めるため、20歳前後で看護師になること
ができるという点にあります。

但し高校から看護師になるための勉強をしていくことになるため、一般
教科の履修が削られ、また高校生のうちから実習やレポートに追われる
日々を過ごすことになります。

普通科に通う友人たちが、楽しそうに恋や遊びといったスクールライフ
をエンジョイするのを横目にしながら、一心不乱に看護の勉強を続けて
いかなければならないという欠点(?)があります。


2つ目のルートは、一般的な高校を卒業後に、4年制大学の看護科に入学
して看護師免許の取得を目指すルートです。

高校では一般的な教科をしっかりと履修しますので、必要な一般常識も
身に付き、多感な青春時代をゆっくり過ごすこともできることもあって、
看護協会もこちらのルートを基本的には勧めています。

余程の志がある場合や、急いで看護師にならざるを得ない特別な事情が
ある場合は前者を、そうでない場合は後者を選択するのが良いでしょう。


また看護学校には、社会人になってから入学される方も多数みえますの
で、様々な年代の方が大勢いらっしゃいます。

若い学生の方にとっては、人生経験豊富な友人ができることで良い刺激
になりますし、また「この歳でも馴染めるだろうか…」と思っている方
も、違和感無く溶け込める環境である場合が殆どです。

参考サイトまとめ

MENU