看護師さんの求人情報ガイド

看護師の栄養指導

国家資格に「管理栄養士」という職業があります。

傷病者に対する療養のために必要な栄養の指導を行ったり、色々な献立
を考えたりするプロフェッショナルです。


このような営業指導を、看護師も仕事として行います。

看護計画の教育計画の中には、患者や家族に対する栄養指導が1つの項目
として挙がることは少なくありません。

看護師は看護学校で栄養学を学ぶため、管理栄養士が持つほどの専門的
な知識は無いまでも、基本的な栄養指導を行えるくらいの知識は持って
います。

また看護師は、一生涯を通じて学習していく職業という性質を持つこと
から、患者により良い栄養指導ができるよう、栄養学の分野においても
日々学んでいる看護師というのは少なくありません。


しかし管理栄養士という職業があるのに、なぜ看護師が栄養指導を行う
必要があるのでしょうか。

これにはちゃんと理由があります。

基本的に管理栄養士は、病院の規模にもよりますが、大きな病院で数人
しか在籍しておらず、一人前後の病院も少なくありません。

1~数人で入院している全ての患者に、満足な栄養指導はできるハズも
ないため、原則として、特に栄養指導が必要な患者をピックアップし、
プライオリティの高い患者から順に栄養指導を行っていきます。

このため管理栄養士による栄養指導を全く受けられない患者というのは
山のようにいるわけです。

このように管理栄養士の栄養指導から漏れてしまう患者に対し、1つの
病院に管理栄養士よりもたくさん在籍している看護師が、栄養面の指導
を行うという役割も担うことになるわけです。


看護師の仕事はかなり多岐に渡り、大変な仕事であると同時に、とても
やりがいのある仕事であることが解ります。

また過酷な労働状況の中で体を酷使する看護師にとって、栄養学の知識
は、自身の健康管理にも役に立つ知識だと言えるため、日々研鑽を重ね
る意義が十二分にあると言えるでしょう。

参考サイトまとめ

MENU