看護師さんの求人情報ガイド

看護計画

看護は、行き当たりばったりで行って上手くいくものではありません。

患者ごとに抱えている問題(疾病)が異なるため、最適なアプローチや
医療方針といったものが変わってきます。

患者が抱える問題点が、より早く、より良い方向へ改善していけるよう
看護する計画を立てることを、看護計画と良い、これも看護師の大事な
仕事の1つです。


看護計画は「看護目標」を軸に、「観察計画」「実施計画」「教育計画」
といった3つの計画から成っています。

目標には長期目標と短期目標とがあり、それぞれに期限を設定し、最終
的な改善を目指したものを長期目標に設定し、それに近づくために近々
で改善したいものを短期目標に設定します。

またこうした目標は、看護師だけで立案するのではなく、患者や家族も
含めて、一緒に立案することで、患者の前向きな気持ちを後押ししたり、
家族の協力も得られ易くなるという効果も期待できます。


目標を明確にしたら、いよいよその目標を実現するための計画を立てる
ことになります。


・観察計画
これは対象の患者に対し、異常を早く発見するために観察しなければな
らない項目を全て挙げます。またなぜその項目を観察しなければならな
いのかという、根拠を明確にすることも大切です。


・実施計画

問題を改善したり、安全で安らかな生活を患者に送って貰えるように、
提供する看護を全て挙げます。また看護師が提供する看護のみを挙げる
だけでなく、患者や家族にも頑張って欲しいことや、協力して貰う必要
のあることも含めて、全て挙げます。


・教育計画
生活していく上での注意点や、治療や投薬に伴う注意点などを、患者や
家族に対して教育していくための項目です。これは問題改善に向けて、
行うべきことを伝達すると共に、行ってはならないことも同時に伝える
ようにし、これらを徹底することで、問題改善の速度を速めたり、より
効果を高めたりするような教育を行います。


このように看護計画を立てることで、行き当たりばったりの看護よりも
効率的で、無駄の無い看護を実施することができると共に、患者や家族
とのコミュニケーションを深めるツールとしても利用することができる
というわけです。

参考サイトまとめ

月額費用が低い大阪のバーチャルオフィスってワンストップビジネスセンター

MENU