看護師さんの求人情報ガイド

看護基準とは

入院設備のある病院へ行くと、「看護基準」という言葉を目にすること
ができます。

丁寧にその意味を掲示している病院もたくさんありますが、単純に割合
の数字を、「2対1」「3対1」「7対1」「10対1」のような感じで表記して
いる病院もたくさんあります。


以前は「2対1」や「3対1」といったような表記が主流で、これは入院患者
2人(3人)に対して、看護職員が1人雇用されているという意味でした。

しかしこれは「雇用されている看護職員」の人数であって、実際にその
時間に働いている看護職員の人数ではないことから、2006年以降は実質
配置の「7対1」や「10対1」といった表記に改めることになりました。

実質配置とは、入院患者7人(10人)に対して、看護職員が1人実際に働いて
いるということを表しています。


看護師の人数が少なければ、その病院で提供される看護の質が低下して
しまうため、こうした基準を参考に病院選びをされる方も少なくありま
せん。

看護基準の表記が改定されたことにより、これまで隠されていた看護師
不足も明るみになり、より看護師不足が取り沙汰されるようになったと
いう背景があります。

参考サイトまとめ

MENU