看護師さんの求人情報ガイド

看護師と助産師

助産師も、保健師同様、看護師と密接な関わりを持つ資格です。

但し保健師とは異なり、助産師の仕事内容は、多くの皆さんにとっても
想像し易いのではないでしょうか。

助産師は妊娠や出産に関わって、読んで字の如く助産に関わる専門家と
しての役割を担います。

妊娠や出産には、様々な不安を感じる妊婦が多いため、その恐怖や不安
を和らげるための保健指導や、出産時の介助、或いは育児相談といった
ことを基本的には生業としています。

また仕事は妊娠発覚後から出産までというわけではなく、出産後の育児
に関しても、継続的に母子の相談相手として関わっていくことも珍しく
ありません。


助産師になるためには、保健師同様に「看護師国家試験の合格者」という
前提条件があるため、助産師国家試験と、看護師国家試験の両方に合格す
る必要があります。

保健師と同じように、看護師の免許を取得後、助産師学校などの養成機関
で6ヶ月以上(基本1年)の専門教育と実習を受け、保健師国家試験を受験し
て合格することが流れです。

またこちらも保健師同様、4年制の看護大学では、大学教育を経て看護師
と同時に受験資格を得られる大学も多いです。

また4年制大学に選択制の「助産コース」を設置する大学が増加し、また
助産師教育を担う大学院や専攻科などが設置され始めています。


但し海外では男性の助産師も存在しているのですが、日本では助産師国家
試験の受験資格は「女性」のみに限定されている点が、看護師や保健師と
は異なる点ですので注意が必要です。

参考サイトまとめ

MENU